スイーツ

西大橋 カグノミ堂-一口サイズのフィンガースイーツがめっちゃ可愛い!お酒も楽しめるバル風スイーツスタンドに行ってきました

どーも!
食いしん坊ライターのひろうすです!
( 〻ˇωˇ )φ

僕はお酒大好きマンでありながらも、カフェ&スイーツも大好き!というアンビバレント(両面性)系男子。

今回は、特にスイーツ男子の一面をフルに見せていきたいと思います!(笑)

ご紹介するお店は、西大橋にあるフィンガースイーツ専門店のカグノミ堂

可愛いサイズのスイーツながら、そこに込められ技術や味は超一級品!

さらにさらに、
カグノミ堂オーナーシェフである鳥井さんにインタビューすることもできました!

オープンに至るまでの秘話など素敵なお話しをたくさん聞くことができましたので、そちらも一緒にご紹介していきますー!(・∀・)







「カグノミ堂」店舗情報


食べログ詳細点数【3.37】
カグノミ堂

「カグノミ堂」とは?

大阪メトロ西大橋駅からすぐ。
西区新町にあるフィンガースイーツ専門店、カグノミ堂

フィンガースイーツとは、一口サイズに作られた可愛らしいスイーツのこと。

スイーツを食べる時って結構サイズを気にされる人も多いですよね~( ˘ω˘ )。

そんな時、フィンガースイーツなら一口サイズでちょこっと摘まむことができます。

お茶うけなどにも最適ですし、美味しいスイーツを少しずつたくさん食べたい!なんて人にもおすすめしたいお店です。

お店の外観がこちら。
ガレージをリノベーションして作られたお店は、パステルブルーで鮮やかに彩られています。

kagunomidou-gaikan

入り口にはオシャレなオブジェが飾られていて素敵~。

テイクアウトだとこんな感じのボックスに入れてくれるんですね!

kagunomidou-gaikan2

お店前には小さな可愛い看板が。

看板にはカグノミ堂のコンセプトと、これまた可愛いお店のロゴが描かれています。

kagunomidou-gaikan3- kagunomidou-gaikan4

店内の様子がこちら。
お店の中もまたオシャレ感がすごい!

kagunomidou-naikan1

木を基調とした造りとなっていて、小さなカウンター席とテーブル席、それにバーカウンターもありますね。

kagunomidou-naikan2 kagunomidou-naikan3

「気軽に立ち寄れるスイーツバル」というお店のコンセプトが、しっかりと店内のデザインに表れています。

kagunomidou-naikan4

「カグノミ堂」のメニュー

カグノミ堂にはイートインスペースも設けられているため、フィンガースイーツを店内で頂くこともできます。

選べるフィンガースイーツは実に種類豊富!

ショーケースに並ぶフィンガースイーツの一粒一粒が、まるでジュエリーのよう。

kagunomidou-showcase1 kagunomidou-showcase2 kagunomidou-showcase3

お店の奥にキッチンがあり、フィンガースイーツを作る風景も生で見ることができますよ。

美しいスイーツが出来上がっていく様子についつい見惚れてしまう。

これはずっと眺められるわ~(*´Д`)

「カグノミ堂」のフィンガースイーツを実食!

ショーケースを賑わすフィンガースイーツを前に悩むお客さんも多かったですが、僕はすでにカグノミ堂のラインアップをリサーチ済み。

  • マルチーズ
  • オペラ
  • タルト・オ・フレーズ

こちらの3つを迷うことなく注文し、カフェラテも一緒に頼んでイートインで頂くことに。

kagunomidou-sweets1

か、可愛いーーー!
僕の心の中の乙女が叫び声をあげるくらい可愛いスイーツたち!

しかも一粒一粒が丁寧に作り込まれていて、とても綺麗なんですよ。

このように、どの角度から写真を撮っても絵になるなぁ~。

これはInstagramにアップしたくなる気持ちもよくわかります(笑)

kagunomidou-sweets2

マルチーズ

それではまず、マルチーズから頂きます。

白くて丸っこい形が、まさにマルチーズっぽい(*’ω’*)

kagunomidou-sweets3

指先にちょこんと乗せられるくらいのサイズですが、クリームチーズを使ったクリームがこんもりと盛られています。

クリームの下のビスキュイ(ビスケットのようなスポンジ)も、チーズの風味と相まってより美味しい!

kagunomidou-sweets4

オペラ

続いては、フランス伝統菓子のオペラ

チョコレート菓子の中でも代表的なものですが、このプチサイズだとなんだか新しいスイーツのようにも感じます。

kagunomidou-sweets5

シロップを染み込ませたビスキュイとモカバタークリームが、チョコレートの風味をさらに豊かにしてくれています。

う~ん、めっちゃ美味しい。

kagunomidou-sweets6

タルト・オ・フレーズ

最後は季節限定の、
タルト・オ・フレーズ(苺)。

これまた可愛いサイズの苺タルト!
苺の赤色がすごく綺麗なおで、なんだか本当にアクセサリーみたいに見えてきます(笑)

kagunomidou-sweets7

小さいながらもその美味しさはサイズ以上!

中にはカスタードクリームもちゃんと忍ばせてあり、苺の甘酸っぱい風味と絶妙にマッチ。

kagunomidou-sweets8

カフェラテ

3つも頼んでしまいましたが、サイズが小さいので飽きること完食♪

エスプレッソの味がしっかりと感じられるカフェラテとの相性も抜群でした。

kagunomidou-latte

ちなみカグノミ堂ではスイーツバルがコンセプトとなっているので、お酒の提供もされています。

フィンガースイーツと一緒に辛口のシャンパンなどを合わすこともできるので、お酒とスイーツのマリアージュを体験することもできるところも魅力的です(∩´∀`)∩

「カグノミ堂」の鳥井シェフにインタビュー!

なんと今回は、カグノミ堂のオーナーシェフである鳥井篤史さんにインタビューもさせていただきました。

鳥井シェフとは別のお仕事で繋がりがあり、そのおかげで今回インタビューをすることができました♪

ひろうす
ひろうす
突然の訪問にもかかわらず時間を取って頂いて、ありがとうございます!
鳥井シェフ
鳥井シェフ
いえいえ、ひろうすさん思っていた印象と全然違いますね(笑)
ひろうす
ひろうす
そうですか!?(;’∀’)
ありがとうございますw
それではさっそく質問させていただきたいんですが、カグノミ堂という自分のお店を持つまではどのような経験を積まれてきたんですか?
鳥井シェフ
鳥井シェフ
まずホテルでお菓子作りの基礎を学び、イタリアン・フレンチ・スパニッシュなど数々のレストランで経験を積んできました。また料理の経験と共に、デセールや各国の料理・食文化についての造詣も深めていきましたね。
ひろうす
ひろうす
なるほど。ではこのカグノミ堂をオープンしたきっかけは何でしょうか?

 

kagunomidou-gaikan
kagunomidou-naikan4

 

鳥井シェフ
鳥井シェフ
もともと自分のお店を持つことは夢だったのですが、どこにでもあるようなスイーツショップではない「スイーツバル」を作ろうと思っていました。スイーツバルはイタリアンバールから着想を得て、イタリアンバルにあるブルスケッタ(パンの上に具を色々な具を乗せた一口サイズの前菜)みたいなスイーツを作っちゃおうと考えたんです。
ひろうす
ひろうす
あのフィンガースイーツはブルスケッタが元になって出来たんですね!またお店のオープンに関しては、親友である建築士の方の協力があったと伺っていますが。
鳥井シェフ
鳥井シェフ
そうなんです。高校時代の友人だったんですが、お互い夢を語り合う中で「自分が独立したらお店を設計してくれ」って頼んだです。そしたらその夢が本当に実現して、このカグノミ堂が出来上がったというわけです。
ひろうす
ひろうす
すごい!ドラマみたいなストーリーですね!設計士の方ともう一人、ロゴデザインをされたデザイナーの方の協力もあったんですよね。
鳥井シェフ
鳥井シェフ
そうですね。設計士の友人とロゴデザイナー、そして僕の三人でカグノミ堂の設計デザイン・ロゴについて泊まり込みで考えた時期もありました。たまに熱くなって意見をぶつけ合うこともありましたが、そのおかげで素敵なお店を作ることができましたよ。

 

kagunomidou-naikan5

 

ひろうす
ひろうす
ちなみに、店名に付けられた「カグノミ」という言葉にはどんな意味があるんですか?
鳥井シェフ
鳥井シェフ
カグノミは「香木実(かぐのきのみ)」と書くことができ、もともとは日本のお菓子の始祖とも言われた果実のことを指す言葉なんです。そんな伝説とも言えるお菓子の始祖の名前を店名に付けたいと思い、カグノミ堂という名前が思いついたんですよ。
ひろうす
ひろうす
そんな意味が込められていたんですね!宝石のように美しいカグノミ堂のフィンガースイーツを見ていると、伝説の「香木実」に時を超えて出会えたようにも思えます!貴重なお話をありがとうございました!

「カグノミ堂」の口コミ

『可愛い』を具現化したもの

H29.7.12
タルトシトロン(250円+税)☆3.8
カグノミ(290円+税)☆3.6
ポムベール(250円+税)☆3.6
チョコラテ(290円+税)☆3.6

プチサイズのフォトジェニックなケーキを販売するコチラ。
白を基調としたオシャレな店内は、簡易的ではあるがカフェスペースもあり、店内でいただくこともできる。

タルトシトロンは、かなり強めの酸味を感じるレモンのムースがめちゃくちゃ好み!
これ大きいサイズで食べたいわ〜。

カグノミは、ふわっとしたメレンゲの中にオレンジのジュレが入っており、爽やかな酸味があり美味しい。

ポムベールは、爽やかな酸味のあるリンゴのムースに甘さ控えめのキャラメルのムースがマッチして美味しい。

チョコラテは、そこそこ濃厚な何層ものチョコにオレンジピールかな?期待通りの美味しさ。

サイズが小さいので、フォトジェニックやし値段も控えめで何種類も食べることができるのが魅力やね。

おもたせなんかにもピッタリと思われる。

食べログより引用

カグノミ堂のフィンガースイーツは、まさにお土産にもピッタリ!

見た目も華やかなので、女性への贈り物などにもおすすめです♪

スイーツ好きのかたにはもちろん喜ばれること間違いなしなので、おもたせを買うお店としても是非チェックしておきましょう

>>その他の食べログ口コミはこちら

「カグノミ堂」で小粋にスイーツとお酒を楽しもう

スイーツをもっと身近に、気軽に味わう文化を作りたい

そんな想いを込めて作る鳥井シェフのフィンガースイーツたちには、確かな技と美味しさがギュッと詰まっています。

今回は定番商品のオペラやマルチーズを頂きましたが、看板商品である「カグノミ」を頂けなかったのがちょっと残念(´;ω;`)

今度訪問した時には、必ずカグノミを頂きたい!

みなさんもバールのようなお菓子屋さんで、オシャレな雰囲気を楽しみつつスイーツとお酒のマリアージュを味わってみてはいかがでしょうか♪







ABOUT ME
ひろうす
ひろうす
大阪の地域ブログ「ひろうすの食べ飲み遊び。」の食いしん坊ライター兼編集者。大阪市在住。グルメ、エンタメ、趣味、イベント情報など、人生を面白おかしくするための情報を発信していきます。( 〻ˇωˇ )φ