資格

WEBライティング能力検定を受験!1級取得しました!


どもども、ひろうすです!( 〻ˇωˇ )φ

 
 
 
先日、私はとある試験を受けてきました。
 
その試験とは、
 

WEBライティング能力検定

 

今回はこのWEBライティング能力検定について、ご紹介していきます。
 
 

 

【WEBライティング能力検定とは?】

 

この検定試験は、WEBに関わる一般常識や効果的なライティング技術を学び、その能力を測る検定試験です。

 

文章を書く仕事を目指すに当たって、何か助けになるような資格がないか探していたところ、

この検定試験を見つけました。

 

ライティング能力は、ライターや編集者になるための必須事項です。

 

またWEB上で文章を書くに当たって、著作権や個人情報の取り扱い等に注意する必要があり、知識も身に付けていなければなりません。

 

ライティング能力を向上させるため、そしてWEBにおける知識取得のため、今回検定試験を受けようと決めました。
 
 
 

 

【WEBライティング能力検定の試験内容】
 

 

検定試験内容と各項目は以下になります。

私の点数も載っております。

 


 

受験した感想では、日本語(国語)の項目が難しかった!

 

 

問題では漢字、類義語、反対語、ことわざ、四字熟語、敬語等が出題されました。

独自で調べたところ、難易度はだいたい漢字検定2級程度の内容だと思われますね。

その他の項目を簡単に説明しますと、

ウェブライティング、コピーライティング、メールライティングはそれぞれの文書作成における、一般的な知識や歴史。


SEOは、SEOがどういったものかという問題や、SEO対策をおこなう上での注意点。

法律、倫理、炎上対策は、最近よく聞かる著作権や個人情報に関する問題等が中心となっていました。

最後には小論文(200~300文字程度)も出題され、実際に自分で文章を書く力も試されました。


 

WEBライティング能力検定を受けた感想

 
今回のこの試験を受けたことで、文書作成の基礎を改めて固め直すよい機会を得ることができました。

SEO対策は、ブログはもちろん、今後ホームページを作成する時にも役立つ知識でした。
これを初めて学べたことだけでも、意味のある試験だったと思いますね。

また近年問題となっている、ブログやツイッターの炎上対策も興味深く勉強できました。

著作権や個人情報に関する知識も最近のニュースでよく取り扱われていて、ネットに関わる人の全てが関心を持っておくべき知識だと思います。

それを改めて勉強できて、本当に良かったです。

試験を通して、私は文章を書く際の心構えを改めることができたと思います。

しかし、1級を取得して良かっただけで終わらせてはいけません!

1級を取得した者として、自分の作る文章に責任と誇りを持つように頑張っていきたいと思います!


今回は、WEBライティング能力検定の概要についてご紹介してきました。

みなさんも、もし気になるようでしたら一度調べてみて、

自分の力を試してみてはいかがでしょうか。(*・ω・)ノ

以上、ひろうすでした( 〻ˇωˇ )φ

 

 
ABOUT ME
ひろうす
ひろうす
大阪の地域ブログ「ひろうすの食べ飲み遊び。」の食いしん坊ライター兼編集者。大阪市在住。グルメ、エンタメ、趣味、イベント情報など、人生を面白おかしくするための情報を発信していきます。( 〻ˇωˇ )φ